取り返しがつかなくなる前に始めておきたい認知対策サプリ情報

高齢者だけではなく若年者でもかかる可能性のある認知症、予防できる手立てがあるなら知りたいところです。
そこで最近メディアで紹介されている認知対策サプリですが、一体どのような効果が期待できるのでしょうか。

・認知症は予防できる時代です

年齢とともに記憶力の衰えが見られ徐々に進行していく認知症は高齢化社会の現代大きな課題となっています。
そこで認知対策サプリを取り入れることで認知症の進行を緩和するあるいは予防することができます。
その多くは認知症研究の第一人者や治療薬の研究開発に携わっている機関が作りだしたもので、脳神経細胞であるシナプスを活性化したり、神経伝達物質であるアセチルコリンを作り出す素材を配合しています。
中には認知症ではと疑われる症状が出始めてから用いることができる認知対策サプリもあり、体に優しい作りだったり医療機関で積極的に使用されていたりするのが特徴です。
健康な老後を過ごすことができるよう認知対策サプリは民間だけではなく医療機関でも注目されているのです。

・認知対策の主な成分

認知対策サプリにはどのような成分が含まれているのかと言うと、血中コレステロールや中性脂肪を減らすと期待されているオメガ3脂肪酸です。
青魚に多く含まれていることで知られており、ダイエット目的で飲んでいる方も多いのですが、動脈硬化を予防する効果があるため脳へ行きわたる血液量が増え認知症予防につながるということです。
さらに私たち日本人になじみの深い米ぬかから抽出されるフェルラ酸にはアルツハイマー型認知症を引き起こすのではと研究が進められているβアミロイドタンパクが脳の中に溜まっていくのを防ぐことが期待されています。
さらにハーブのガーデンアンゼリカはフェルラ酸と一緒に配合されていることが多いのですが、ニュートロンという神経細胞をつなぐ物質を作り出すとされているのです。
また非必須アミノ酸にも認知症予防が可能な物質があるとされており、睡眠を促すグリシンは精神安定を用いて認知症リスクを軽減すると言われています。
こうした研究が進むことで、現在認知対策サプリメントは大きな進化を遂げていると言えるでしょう。

 

認知対策に効果のあるサプリメント成分の主な種類について

認知対策ができるサプリメントが多く販売されるようになりましたが、一体どのような成分に認知対策効果が見られるのでしょうか。

・ダイエット成分として注目される成分

青魚に含まれるDHAやEPAは頭が良くなると注目されていました。
現在DHAやEPAに含まれるオメガ3脂肪酸が中性脂肪や血中コレステロールをコントロールすることでダイエットや生活習慣病の予防に役立つとされています。
そんなオメガ3脂肪酸は血液の流れをサラサラにし、体全体に血液がくまなく行きわたるようにする作用があります。
このことから脳へも十分な血液が流れ認知症を予防することができるとされています。
DHAやEPAは認知対策にも健康対策に効果がありますので、サプリメントを選ぶときはDHAとEPAが酸化せずに体の中まで届き、さらに吸収性を高めたタイプを選ぶといいでしょう。

・脳を構成する成分

認知症は脳で起こる病気ですから脳を構成する成分を取ることで認知対策になるとされています。
たとえばリン脂質の一つであるレチシンは細胞を作り出し、情報伝達に必要な神経細胞を増やすことができるとされています。
さらに脳神経細胞膜を構成する成分の10%にあたるホスファチジルセリンも脳の活性化に役立ちます。
脳細胞と言うと細胞に含まれるDNAとRNAが欠かせませんから、脳細胞の老化および現象を防ぐことができる核酸も大切なポイントです。
また脳が受け取った情報をスムーズに受け渡しをするためには神経伝達物質が元気でなければなりません。
フェルラ酸は脳の神経伝達物質の働きを阻害すると言われている活性酸素を取り除く作用が高く、アセチルコリンの作用を強めてくれると今注目されています。
なおこのフェルラ酸はアルツハイマー型認知症に対する効果が大きいのではと期待され、現在も研究が進められているのです。
現在販売されている認知対策サプリの多くはこれらの成分を複合したものです。
認知症は本人のあずかり知らぬところで進んでいきますので、気になったら認知対策サプリを活用してみるといいでしょう。

 

近年注目が集まっている人気の水素のサプリが認知対策に有効

活性酸素を除去し美容や健康効果をもたらしてくれると話題の水素ですが、認知症にも効果があると言われています。
ではなぜ水素に認知症を予防、改善する効果があるのでしょうか。

・そもそも水素とは

水素は元素記号Hで世界どころか宇宙で確認されている元素の中で最も小さく軽い物質です。
酸素と結合することで水となり空気中にも存在する水素ですが、私たちの体の中で発生する悪性活性酸素と結びつくことでただの水となり体外に排出されます。
悪性活性酸素は細胞の老化を引き起こし癌など様々な病気の原因となりますが、年齢や激しい運動、喫煙や環境汚染などによって発生するため止めることはできません。
水素そのものを体の中に自然に取り入れることは難しいのですが、サプリとして取り入れることで悪性活性酸素だけを選んで水に変えて健康な状態に戻してくれるのです。
また活性酸素で細胞が老化するということは脳で起こった場合認知症などの病気を引き起こし老化を進めてしまうことになります。
水素を取り入れることで数秒で全身に行きわたり、脳にある活性酸素を取り込んで排除してくれるのです。

・どのタイプの認知症にも効果があると期待されている

認知症にはアルツハイマー型と脳血管性の認知症に大きく分類されていますが、水素はこのどちらにも効果があるとされています。
活性酸素は脳の血管を詰まらせる動脈硬化の原因にもなりますし、動脈硬化は脳血栓につながり認知症へとつながります。
水素で活性酸素を除去すれば、脳血栓のリスクを回避することにもつながり、認知症の予防および改善効果があると考えられています。
さらに水素は活性酸素を水に変えてくれるため、体の水分不足を補うことにもつながり、血液はサラサラの状態へと改善の方向に進みます。。
血液の流れがよければ脳に必要な酸素と栄養素も十分行きわたるようになりますので、より高い認知症の予防改善効果が期待されるということです。
体の健康だけではなく認知症も気になる方は水素サプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

DHA、EPAを集中的に摂取できるオメガ脂肪酸の認知対策サプリ

青魚に多く含まれていることで知られるDHAとEPAに含まれるオメガ脂肪酸が認知対策になると言われています。
その研究結果から明らかになったオメガ脂肪酸の認知対策効果をチェックしてみましょう。

・研究が明らかにしたオメガ脂肪酸の効果

ある研究機関が55~90歳までの高齢者819人に対して神経心理学的検査およびMRI検査を半年ごとに実施しています。
その結果、アルツハイマー病を引き起こすとされるApoE4を持たない人がオメガ脂肪酸サプリを服用した結果、認知機能の低下がほとんど見られなかったと発表しました。
つまりオメガ脂肪酸には認知症を予防する効果が高く、さらに軽度のアルツハイマー病にかかっている患者がオメガ脂肪酸を摂取しても認知機能の低下が抑制されていることが分かったのです。
精神神経科学を研究している医師は今後増えることが予想される認知症を予防する手立てとして、生活習慣の改善だけではなくオメガ脂肪酸が予防及び初期進行の遅延に役立つと言います。
最近の研究結果からも、専門医の意見からも青魚に含まれるDHAやEPAに含まれるオメガ脂肪酸が認知対策として最適なのは間違いないようです。

・血液サラサラ効果と脳内伝達物質機能アップ効果

青魚に含まれるDHAとEPAには血中コレステロールおよび中性脂肪のコントロール作用があり、血液をサラサラにしてくれることが知られています。
認知症患者の多くは血液がどろどろの状態で脳に必要な栄養や酸素が行きわたっていないと言われています。
また記憶をつかさどる海馬はDHAが特に多く含まれている器官です。
さらに記憶や情報を整理するために必要な脳の神経細胞同士がつながるシナプスを作り出すのもDHAということが分かっています。
シナプスが増えると情報が錯乱するのですが、使わないシナプスを消去することで脳は活性化します。
DHAは海馬の機能を維持することで記憶を整理し、シナプスを作り出すことで神経伝達をスムーズにする作用があるということです。
このようにオメガ脂肪酸には認知症を予防し、改善するための働きがあるのです。

 

山芋の栄養素ジオスゲニンを含んだ認知対策サプリの効果とは

山芋にはさまざまな成分が含まれていますが、その一つジオスゲニンには認知対策効果があると言われています。
サプリにも含まれるジオスゲニンですが、一体どのような効果があるのでしょうか。

・富山大学の研究で明らかになった効果

山芋には滋養強壮効果や体力アップ効果などがあると知られています。
富山大学の研究で山芋に含まれるジオスゲニンには認知症を改善する効果があることが分かったのです。
特にアルツハイマー型認知症に効果があるとされており、テレビ番組や全国紙などに大きく取り上げられました。
ただこの研究結果は2012年とつい最近発表されたものですからまだまだ研究は途上です。
具体的には認知症が起こるのはβアミロイドによって神経細胞が破壊されるためとされており、ジオスゲニンはβアミロイドを減らし神経細胞の正常化へと導くというものです。
子の研究結果を受け、多くのサプリメントがジオスゲニンを配合するようになり、現在も多くのアルツハイマー型認知症患者を救っていると言えるでしょう。

・サプリメントで取りたいジオスゲニン

ジオスゲニンを摂取してアルツハイマー型認知症を予防するにはサプリがおすすめです。
というのも認知症を予防改善するだけのジオスゲニンを摂取するには山芋を10㎏食べなければならず、現実的ではないからです。
その点サプリであれば1日数粒で十分な量のジオスゲニンを摂取することができます。
アルツハイマー型認知症は物忘れに始まり、自身が何を忘れているか認識することもできません。
そして徐々に症状が進行し、人や場所、日時の把握ができなかったり直前に行ったことを思い出すことができなかったりします。
さらに言葉を適切に繰り出すことができない、服を自分で切るなど一連の動作ができないなどといった症状も見られるようになります。
アルツハイマー型認知症は高齢者に多く見られますが、現在は若年性アルツハイマー病も増えています。
ジオスゲニンはこうしたアルツハイマー型認知症の症状の進行を抑え、神経細胞が正常に働くよう作用してくれる救世主と言えるのです。

 

脳を活発にするプラズマローゲンを補給できる認知対策サプリについて

最近テレビや雑誌などに取り上げられている認知対策サプリの成分がプラズマローゲンですが、まったく聞いたことがないという方も多いでしょう。
医師や介護職の方もお勧めするプラズマローゲンとはどのような成分なのでしょうか。

・介護業界の光明

プラズマローゲンは20年以上前から研究が続けられてきた成分です。
元々体の中にある物質で、人の認知機能にかかわっていることが知られています。
体の中が活性酸素によって酸化してしまうのをプラズマローゲンが自ら酸化することで防ぎ、老廃物が必要以上に溜まらないようにしています。
プラズマローゲンを摂取すると頭がさえる、物事を思い出す時間が早くなった、前向きになったと言った効果を実感している人が多いです。
つまりプラズマローゲンには脳を活性化するために必要な情報伝達に抗酸化作用、細胞膜の融合をはじめ、コレステロールの排出やイオン輸送、血小板活性化といった働きを担っているのです。

・プラズマローゲンを上手に摂取するにはサプリ

プラズマローゲンは食品にはホタテ貝や鳥の胸肉に微かに含まれていますが、熱によって破壊されやすいため外から摂取することが非常に難しい物質です。
元々体の中にある物質と言っても体の中で生成される量は年々減っていきますし、ストレス社会の現代その失われていく速度は加速しています。
ですから補ってあげることが大切なのですが、先ほども言ったようにプラズマローゲンは食品からは全くと言っていいほど補うことができません。
ですから体に吸収されやすいよう加工したサプリを活用し、プラズマローゲンを体の中に蓄え脳を活性化することが大切なのです。
プラズマローゲンを補うことで得られる効果は脳の活性化だけではなく、精神的な安定もあります。
認知症が進むと不安感に襲われる方も多いのですが、プラズマローゲンはプラスの方向へと思考を向かせ、精神的にも落ち着いた日常を送ることができるのです。
今注目されている医療機関や介護業界でも話題のプラズマローゲンサプリを活用してみませんか。

 

認知対策サプリには欠かせない成分ビタミンB12の効果とは

細胞の働きや肌の代謝など様々なところで活躍し、今や人間に必要な栄養素の一つとして知られているビタミンですが、それぞれが違う働きを担っています。
その中でもビタミンB12は認知対策として役立つと今医療業界から注目されています。

・ビタミンB12の働き

ビタミンB12は記憶や気力、集中力などに関係があり、2010年オックスフォード大学のデビッド・スミス博士はビタミンBに老化防止あるいは抑制効果があると発表しました。
特にビタミンB12は記憶障害や無気力症、さらに集中力低下に妄想や錯乱といった症状を抑える働きがあります。
2年にわたって行われた実験でも、認知症の高齢者168人のうち、ビタミンB12を飲み続けたグループは脳の収縮速度が弱まることが分かったのです。
中でもビタミンB12が属するビタミンBと葉酸は血液中に存在し、数値の高騰によって血管を傷つけたり認知症を進めたりするホモシステインの増殖を抑えてくれます。
つまりビタミンB12を摂取することで認知症の原因物質が抑えられ、結果的に認知症を予防、進行速度の抑制につながるということです。

・治療目的に使われるビタミンB12

ビタミンB12は認知症の予防よりも認知症改善目的で使用した方がいいと言います。
東京武蔵野病院の研究では認知症患者と一般の人の血液中におけるビタミンB12の割合を見たところ、明らかに認知症患者のビタミンB12の量は少なかったと言います。
ですからビタミンB12を補うことで認知症の治療に役立つのではないかと言われているのです。
認知症の半数はアルツハイマー症と言われており、脳細胞がどんどん委縮していきます。
この進行を食い止めるためにもビタミンB12を補い、脳細胞を作り出すために必要なたんぱくの合成や核酸の合成を促すことも重要です。
またビタミンB12には神経伝達や指令をスムーズにする働きもありますので、集中力アップややる気の充実などといった作用が起こるとされており、逆にビタミンB12不足は神経系の病気を引き起こすと言われているのです。
ビタミンB12と認知症の関係はまだまだ研究途中ですが、物忘れなどが気になり始めたらビタミンB12の補給をしてみてはいかがでしょうか。

 

松の樹皮エキスに含まれるピクノジェノールの認知対策サプリ

植物成分から抽出する認知症対策成分の中で最近注目されているのがピクノジェノールです。
ではピクノジェノールとはいったい何者で、どのような働きがあるのでしょうか。

・フラボノイド豊富なピクノジェノール

ピクノジェノールは松の樹皮エキスに含まれており、抗酸化作用に優れています。
その効果は同じ樹皮エキスから抽出されるイチョウの葉エキスのおよそ10倍と言われており、欧米では30年以上前から浸透し、日本でも最近話題となっています。
もともとは美容目的で使用されていたピクノジェノールですが、最近オーストラリアの研究で記憶力の改善に大きな効果があるということが判明し、認知対策としても注目されるようになりました。
実際の実験では60~85歳の高齢者101人に対してピクノジェノールを投与したところ、酸化ストレスが減ることで記憶力が改善されたという結果が得られました。
抗酸化作用の数値を見ても、同じ抗酸化成分のビタミンCに比べて340倍、ビタミンEなら170倍もあるというのです。

・アルツハイマー型認知症への効果

日本でピクノジェノールの効果が認められているのがアルツハイマー型認知症です。
アルツハイマー型認知症は神経細胞の衰えによって起こり、そこにかかわっているのがβアミロイドというたんぱく質です。
このβアミロイドが蓄積されることでアルツハイマー型認知症を発症するのですが、ピクノジェノールはβアミロイドの蓄積を防ぐと言われています。
さらにβアミロイドは血管を傷つけることで活性酸素を発生させるのですが、ピクノジェノールを摂取することで抗酸化作用が働き活性酸素の影響を血管が受けずに血液の流れもよくなるというのです。
血液の流れが改善されれば脳への十分な栄養と酸素が行きわたりますから認知対策にはぴったりです。
ほかにも血栓を予防したり、美容効果が見られたり、鎮痛作用やアレルギー改善など様々な効果をもたらすピクノジェノール、認知対策を始めたい方は意識してみてはいかがでしょうか。

 

認知対策サプリとして活用したいチモキノンの効果を検証

チモキノンという成分には認知症予防効果があるとして注目されています。
しかしチモキノンという言葉自体知らないと言う人も多いでしょう。
ではチモキノンとは具体的にどのような成分で、認知対策としてどのように役立ってくれるのでしょうか。

・日本で発見されたチモキノンの効果

認知症予防に効果があるとされるチモキノンが発見されたのは2013年と割と最近のことで、しかも発見したのは東京工科大学つまり日本です。
チモキノンの具体的な効果を見てみると、アミロイドβという脳細胞を破壊する劣化させるたんぱく質から脳細胞を守ってくれるというものです。
認知症の一つとして知られるアルツハイマー病は老人班という原因で起こりますが、これは毒性を持つアミロイドβが神経細胞を攻撃することで起こります。
アルツハイマー病は日本で特に多く見られる認知症ですから、チモキノンを利用して認知症を予防することができるというのは日本だけではなく海外でも注目されている研究なのです。

・チモキノンって何者?

チモキノンは何から抽出されるのかと言うとエジプト原産のニゲラサチバというキンポウゲ科の一年生草です。
ブラッククミンとも呼ばれ、日本では匂黒種草と言う名前できれいな花が咲くと園芸愛好家からは高い評価を得ています。
このニゲラサチバの種子はインド中東部で健康食として食べられており、さらにスパイスとして使用されています。
ただし、日本で日常生活の中にニゲラサチバを取り入れてチモキノンを体に取り込むのはあまり現実的ではありません。
市販されているブラックシードオイルやブラッククミンシードオイルを利用し、特に加熱を必要としないドレッシングやジュース類などとして1日茶さじ1~3杯程度取るのが理想です。
ただどこにでも売っているわけではないので、サプリを活用するのがいいでしょう。
脳細胞を神経毒から守り認知症を予防してくれるチモキノンはアルツハイマー型認知症の多い日本人にとって救いとなるのは間違いありません。

 

予防をするなら始めたいココナッツオイル配合の認知対策サプリ

最近美容やダイエットに効果があるとして話題なのがココナッツオイルですが、実は認知対策にも効果を発揮します。
ではココナッツオイルはいったいどのように認知対策に役立つのでしょうか。

・認知症予防に役立つココナッツオイル

確実な治療法が確立されていない認知症ですが、ココナッツオイルの有効性が今注目されています。
しかしどのようにして認知症が起こるかははっきりと分かっており、脳細胞の死滅や減少、機能低下などにより記憶障害などが起こります。
ココナッツオイルは中佐脂肪酸を含んでおり、日本人に多いアルツハイマー型の認知症予防に効果があると言われています。
特にレビー小体病と呼ばれる脳血管障害から起こる認知症で、特殊なたんぱく質が神経細胞にできることで神経伝達がうまくいかなくなります。
ココナッツオイルには中佐脂肪酸が多く含まれており、中佐脂肪酸はケトン体を作りだすことで脳にエネルギーを供給します。
脳にエネルギーが供給されれば脳の活性化につながるため、認知症が改善されると期待できるのです。

・アメリカの研究から明らかになったココナッツオイルの効果

ココナッツオイルの研究はアメリカで行われており、中佐脂肪酸の摂取がアルツハイマー型認知症の改善に役立つと実験でも分かっています。
実験はアルツハイマー型認知症を患っている患者に対し、中佐脂肪酸を100%含むオイルを毎日20g以上与え続けることで行われました。
実験の結果半年後にはおよそ80%の方が認知症の改善及び症状の安定が見られたのです。
ケトン体を脳のエネルギー源とすれば高血糖からくる認知症予防にもつながるとし、アメリカはココナッツオイルを使用した薬の開発も行われています。
なおココナッツオイルは中佐脂肪酸を60%ほど含んでいますので1日わずか大匙2杯程度で効果が期待できるとされています。
ただし肝臓に負担をかける恐れがありますのでココナッツオイルで認知症予防をしたい、改善をしたいという方はあらかじめかかりつけの医師に相談するといいでしょう。

 

記憶回復に役立つブルーベリーのエキスを含んだ認知対策サプリの効果

目にいいということで広く知られているブルーベリーですが、最近の研究で認知対策になることが分かっています。
ではなぜブルーベリーが認知対策となるのでしょうか、その秘密に迫ってみましょう。

・アントシアニンが大きくかかわっている

ブルーベリーを代表する成分と言えば紫色の成分アントシアニンです。
アントシアニンは抗酸化作用の高いポリフェノールの一種で目にいいとされているのですが、実は脳の老化やストレスを軽減する働きがあるとされています。
人の体は年齢やストレス、外部刺激を受けると活性酸素が発生します。
この活性酸素は一定量であれば問題ありませんが、あまりにも多いと悪性の活性酸素に変わり細胞を攻撃します。
すると病気を引き起こしたり体に何らかの障害をもたらしてしまうのです。
アントシアニンは活性酸素を還元して除去する働きがあるため生活習慣病や認知症の進行を防ぐことができるとされています。

・アルツハイマー型認知症に有効なブルーベリー

アメリカの研究ではブルーベリーの健康効果として心臓病や癌対策だけではなくアルツハイマー型認知症の予防および改善にも効果があることが分かっています。
実際の検証ではアメリカのシンシナティ大学で経度認知障害を持つ高齢者47人を対象にフリーズドライブルーベリーパウダー、カップ1杯分のベリーを1日1回摂取してみました。
その結果、16週間後には記憶の改善および言語と理解のアクセス改善効果が見られたのです。
さらにMRIで脳の働きを見てみると、活性化されたことが明らかになり、ポリフェノールの仲間であるフラボノイドによってアントシアニンが呼び起こされ、認知対策につながったとしたのです。
ただこの検証ではそれほど重い症状を持つ人が対象となっていなかったため、確実な研究結果が得られたとはいいがたいようです。
しかしブルーベリーの持つ抗酸化作用が認知対策に役立つということは明らかで、日本でも導入されているブルーベリーが高齢化社会に貢献すると期待されているのです。

 

フェルラ酸はなぜ認知対策サプリとして効果が期待できるのか

認知対策の成分としてよく知られているのがフェルラ酸ですが、聞きなれないという方も多いでしょう。
そのフェルラ酸が認知症に対してどのような効果を発揮していくのか見てみましょう。

・サプリ会社が発見した新成分

フェルラ酸を発見したのは日本でサプリを製造販売している会社です。
元々米ぬかに含まれる成分で、認知症を引き起こすリン酸化タウタンパク質が増えていくのを抑える作用があると発表しました。
さらに6年前から行ってきた予防医療研究において、フェルラ酸がより認知症の予防に役立つのではないかと言う研究を進めています。
フェルラ酸はほかにも漢方薬にも含まれており、抗酸化作用が高いと言われています。
認知症の一つとして活性酸素の発生により脳細胞が老化を進めてしまう、機能を低下させてしまうということも挙げられています。
ですのでフェルラ酸の抗酸化作用により活性酸素を還元させることが認知症予防につながるとされています。

・アルツハイマー型認知症への効果

認知症を引き起こすリン酸化タウタンパク質はアルツハイマー型認知症に大きく関係していると言われています。
元々タウたんぱく質は神経細胞同士が情報を伝達し合うときに使用されるものです。
過剰にリン酸化してしまうと伝達がうまくいかず蓄積され、アルツハイマー型認知症を発症すると言われています。
フェルラ酸を用いた実験では神経細胞の中のリン酸化タウタンパク質の量がフェルラ酸を加えることで減ったという結果が得られています。
認知症は高齢者だけではなく今や若者にも見られる脳の病気です。
しかしその治療法は確立されておらず、認知症を進めないためにどうすればいいのかという研究や予防医療などが先行しています。
こうしたフェルラ酸の登場は今後の認知症治療や予防に大いに役立つと期待されています。
そのほかビタミンB12など認知症予防に役立つ成分とともに摂取することでより高い効果が発揮されると期待されているのです。
現在フェルラ酸を配合したサプリが販売されていますので、認知対策を取りたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

不眠症改善の効果も期待ができるグリシンを含む認知対策サプリ

認知対策サプリの開発が進む中、今注目されているのがグリシンという非必須アミノ酸です。
実は不眠に対して効果があるとされているのですが、認知症に対してはどのような効果を発揮するのでしょうか。

・グリシンの研究結果から分かること

グリシンの研究は毎日進められており、たとえば就寝前3gのグリシンを摂取すると翌朝疲労感が回復し、頭がさえ目覚めが良かったという結果が得られています。
さらに慢性統合失調症を患っている11人に対して1日グリシンを0.8g6週間続けて投与したところ、統合失調症陰性症状が改善されたのと同時に認知機能の改善効果も見られました。
これらの研究結果からわかることは、グリシンにはうつ病に似た症状を持つ患者や朝の目覚めが悪い方に対して脳を活性化させ、症状を改善する力があるということです。
元々不眠症に対して効果的とされていたグリシンですが、これらの研究結果から認知対策としても役立つと期待されています。

・グリシンはどこで働くのか

では実際にグリシンがどのように働くのかと言うと、中枢神経になります。
グリシンはコラーゲンの原料として知られており、実に3分の1を占め、肌のハリなどを保っています。
さらにこのグリシンは脊髄、脳幹などに多く神経同士の伝達を行う物質の良く成型として働きます。
また抗酸化作用があるため、体内で発生した活性酸素を還元する働きを持っています。
活性酸素は激しい運動や紫外線、外部刺激に喫煙や加齢などによって体の中で増える物質で、あまりに多いと細胞を病変させてしまいます。
病変した細胞の一つが認知症につながると言われているのです。
しかしグリシンの抗酸化作用によって活性酸素が還元されると脳細胞が劣化することなく再生を繰り返し、認知症を予防あるいは改善することができるとされているのです。
すでに発症してしまった認知症が感知することは今の医学ではありません。
しかしグリシンが進行スピードを遅らせたり、進行しないよう予防したりすることには大きな期待が持てるでしょう。

 

認知対策サプリを始めるべき兆候とは?セルフチェックをしてみよう

認知症は高齢者がなるものと言う認識の方がいまだに多いですが、物忘れが多くなったり、あれやこれといった指示語が増えてきたら一度セルフチェックしてみるといいでしょう。
年齢にかかわらず認知症にかかる可能性はありますから、気になる方は試してみてください。

・こんな症状が出てきたらセルフチェック

日常生活を送るうえでちょっとしたことが思い出せなくなったら認知症のセルフチェックをしてみてください。
セルフチェックをしたうえで少しでも認知症の疑いが出てきたり、不安が出てきたら早めに認知対策サプリを使用するといいでしょう。
たとえば財布や通帳、携帯電話などをどこに置いたか忘れるようになった、昨日何をしたか思い出せない、簡単な暗算ができず言葉が出てこないといったことがあります。
あなた自身だけではなく家族や周りの人にもこうした症状が見られたらセルフチェックをお勧めします。

・認知症のセルフチェック

認知症のセルフチェックは様々ですが、基本的なことから始めましょう。
まず今日の日付を覚えているか?
料理や洗濯などの日常動作がスムーズにできるか?
同じものを買ってしまうことはないか?
物の名前や言葉が出てこないことはないか?
同じことを何回も話したり聞いたりしないか?
置忘れなどがないかといった物忘れについてです。
さらに貴方の感情面や行動面についてもチェックが必要で、慣れた道でも迷子になる、外出が減った、鍋を焦がすことが多い、情緒不安定や身だしなみを機にしなくなった、待ち合わせ時間や場所の間違いが多い、趣味などへの関心が薄れたといったことがあります。
これらのチェック項目のうち少しでも当てはまることがあるなら認知症になり始めているのではと思い、認知対策サプリを飲み始めるといいでしょう。
ですがチェック項目が多すぎて認知症にすでにかかっている可能性があるという場合は早めに専門医を受診してください。
本人が気づかない場合は周りの人が気づき、チェックシートを印刷して専門医を受診しましょう。

 

薄毛対策に有効だったイチョウの葉エキスを含んだ認知対策サプリとは

元々薄毛対策の効果が期待されたイチョウの葉エキスが認知対策にも有効なのではないか、ということで今注目を集めています。
ではイチョウの葉エキスにはどのような特徴があるのでしょうか。

・どのタイプの認知症にも効果があると言われている

認知症には脳が萎縮していくアルツハイマー型認知症と脳の血管が詰まって壊死することで起こる脳血管型の2タイプがあります。
ほとんどの認知対策サプリはアルツハイマー型への効果が期待されており、脳血管型の認知症への効果は期待されていません。
しかしイチョウの葉エキスはアルツハイマー型はもちろん脳血管型の認知症にも効果があるとされており、臨床試験でも結果を残しています。
もともとは薄毛対策に有効として研究が進められてきたイチョウの葉エキスですが、この臨床結果から認知症の予防に改善も期待できると研究が進められています。
まだ研究途中ですから分からない部分も多いのですが、今後もイチョウの葉エキスは認知対策に有効として大きな注目を集めていくことでしょう。

・イチョウの葉エキスの実際の効果

実際にイチョウの葉エキスにどのような効果があるとされ、認知対策になると言われているのでしょうか。
その一つが血流改善効果で、脳に流す血液を増やすことで脳を活性化するとされています。
さらに抗酸化作用があることから脳の中に発生した脳の老化原因物質活性酸素を還元し、脳の老化スピードを遅くする作用があると期待できます。
また認知症の方は脳の神経伝達がうまくいっていないのですが、イチョウの葉エキスは臨床結果から神経伝達物質がスムーズに伝達されるという作用があると予想されています。
こうした3つのイチョウの葉エキスの作用により認知症の予防および症状の軽減が期待されているのです。
イチョウの葉エキスにはアルツハイマー型認知症を引き起こすとされるβアミロイドの蓄積を防ぐ効果も報告されており、今後もますますイチョウの葉エキスの効果に期待がかかることでしょう。

 

リポポリサッカライド配合の認知対策サプリが物忘れに良い理由

今健康食として金芽米が注目されていますが、含有成分であるリポポリサッカライドが健康効果だけではなく認知対策にも期待できると話題になっています。

・食事からも摂取可能な栄養素

リポポリサッカライドは玄米などの穀物に多く含まれており普段の食事でも意識するだけで十分な量を摂取することができます。
穀物のどの部分に多く含まれているかと言うと穀物の芽の部分で、玄米や全粒粉として摂取することが大切です。
実際にどのような効果が期待できるのかと言うと認知症発祥の抑制です。
認知症は物忘れだけではなく情緒不安定も引き起こす高齢者に多い病気ですが、リポポリサッカライドで抑制できるのならこれほど期待の大きな栄養素もありません。
最近は健康ブームの一環として玄米や全粒粉が注目されていますから、よりリポポリサッカライドが摂取しやすい時代だと言えるでしょう。

・アルツハイマー型認知症への効果を期待

リポポリサッカライドの効果が期待されるのはアルツハイマー型認知症と言う日本人に最も多いタイプの認知症です。
脳を老化させるたんぱく質のβアミロイドが血管に溜まることで血行不良になり、脳細胞が衰え死滅していくことで認知症を発症します。
リポポリサッカライドはβアミロイドを異物として認識することで除去する効果が期待されています。
βアミロイドはある程度できても脳の免疫機能であるマイクログリアによって取り除かれるのですが、機能が弱まればβアミロイドはたまりやすくなっていきます。
そこでリポポリサッカライドを取り入れることでマイクログリアが活性化し、βアミロイドの蓄積を防いでくれるということです。
またマイクログリアの活性化やβアミロイド除去作用は寝ている間に活発に行われますので、リポポリサッカライドも寝る前に取り入れるのがおすすめです。
アルツハイマー型認知症の予防策として最も取り組みやすいリポポリサッカライドを日常生活の中にサプリとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

疲労回復にも良いガラナを含んでいる認知対策サプリの特徴とは

ガラナというと疲労回復効果があるとして知られている成分ですが、最近の研究で認知対策にもなるということが明らかになってきています。
では具体的にガラナが認知症に対してどのように働くのか見てみましょう。

・アルツハイマー型認知症の予防に期待

ガラナが期待されるのはβアミロイドによって引き起こされるアルツハイマー型認知症の予防効果です。
βアミロイドは脳の疲労物質として血管内に徐々に蓄積し、脳細胞の壊死などを引き起こしてアルツハイマー型認知症を発症させます。
アルツハイマー型認知症は日本人の認知症患者6割に見られる症状で、物忘れや情緒不安定などがあり、神経伝達物質の移動もスムーズになりません。
そこでガラナですが、ガラナはβアミロイドがたまるのを押さえてくれるという効果が実験からも明らかになっているのです。
ですからガラナにはアルツハイマー型認知症を予防する効果が期待されるということです。

・ガラナの摂取量

ガラナはもともとつる植物でアマゾン川流域に自生しており、疲労回復などに役立つと日本でもサプリが流通しています。
種子にカフェインは含まれているものの吸収時間が穏やかなため体に負担をかけません。
ガラナの効果を最大限生かすために1日どのくらいの量を摂取するといいのかと言うと、ガラナ種子1カップをお湯に浸し、3カップまでとされています。
またエキス上になったものなら250㎎を1日3回まで摂取することができるとされていますが妊婦さんにはお勧めしない専門家がほとんどです。
というのもガラナにはカフェインが含まれているので過剰摂取による中毒が懸念されているからです。
またガラナは簡単に手に入るものではありませんから、認知対策としてガラナを摂取したいという場合はサプリを活用するといいでしょう。
サプリも用法、用量がありますから守る必要がありますが、飲み方を間違えなければ認知対策に大きな効果が期待できます。
がん抑制効果やコレステロールや血糖値上昇を抑える効果も期待されるガラナで認知対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

ストレスや疲労の回復にも良いタウリンを含んでいる認知対策サプリ

タウリンと言うと二日酔いや疲労回復効果があるとされている成分ですが、実は認知対策にも効果があると期待されています。
イカや蛸に多く含まれるタウリンがなぜ認知対策になるのか、脳疲労の観点から見てみましょう。

・脳機能の回復にタウリン

タウリンは認知機能や不安解消と言った脳機能の回復に役立ちます。
人は脳が疲れると認知機能が衰えたり感情の起伏が激しくなったりします。
よくコーヒーなどが脳の回復にいいとされていますが、タウリンの効果はそれ以上と思っていいでしょう。
集中力や理解力、歯科効力に判断力が鈍り作業効率も落ちてしまう脳疲労ですが、タウリンを摂取することで脳機能を向上させ、脳疲労を回復させる効果があると期待されているのです。
温かい飲み物も脳疲労の回復には効果的ですから、白湯で飲むとリラックス効果も得られていいでしょう。
脳が疲れると脳細胞の働きも低下しますから放っておくと認知症のようになっていきます。
症状が長引けば長引くほど認知症に似た症状も進行していきますから、やがて本当の認知症へつながり若年性認知症などにもつながってしまうのです。

・肝臓の回復効果があるタウリン

またタウリンが二日酔いに効果があるとされているのはアルコール分解効果が高く肝臓を回復させる力があるからです。
その中で注目したいのが抗酸化作用で、活性酸素によって傷つけられる臓器を事前に活性酸素を除去することで守ってくれます。
さらに参加してしまった臓器を保護し、回復させる効果もありますので肝臓だけではなく脳でもその働きを発揮してくれるということです。
また人の体には活性酸素分解酵素があるのですが、タウリンはこの酵素の働きも守ってくれます。
ですからタウリンは細胞を活性酸素から守り、脳機能の低下を抑制し認知症を予防してくれる効果があると期待されているのです。
タウリンはたこやイカに多く含まれていますが、毎日食べるのは大変という方はサプリを活用してみてはいかがでしょうか。

 

認知対策サプリのアセチル-L-カルニチンは神経障害にも有効

現代にはびこる様々な病気に対して有効とされる成分はたくさんありますが、アセチル-L-カルニチンは癌や脂肪燃焼効果などにも効果があるとして注目されています。
そんなアセチル-L-カルニチンには神経障害への効果もあるとされているのですが、実際にどのような効果が期待されているのでしょうか。

・神経細胞の修復効果

認知症の方は神経細胞同士のつながりが悪く、神経伝達物質がスムーズに作用しません。
そのためものを認識したり記憶したりする力が弱まっているのですが、これらは脳神経細胞の劣化によるものと言えるでしょう。
そこで最近注目されているのがアセチル-L-カルニチンですが、体の中でも微量ながら産生されている物質です。
アセチル-L-カルニチンの効果として期待されているのが神経細胞の修復および再生促進です。
認知症によって衰えてしまった神経細胞を修復、壊死した細胞の再生を促すことで認知症を進行させる脳細胞の衰えスピードを弱めてくれるのです。

・ラムや牛肉に多いアセチル-L-カルニチン

アセチル-L-カルニチンは1日あたり10~20㎎が体の中で生成されていますが神経障害の修復に必要とされているのは1gですから体の中で賛成される量では足りません。
そこで外から摂取する必要があるのですが、アセチル-L-カルニチンはラム肉や牛肉に多く含まれています。
豚肉や鶏肉などにも含まれていますが1㎏あたりの含有量はラム肉や牛肉の比ではありません。
ですが吸収されるアセチル-L-カルニチンはわずかですから、たとえ必要量を摂取したとしてもすべてが吸収されませんし、毎日食べるのは飽きてしまいます。
そこでサプリによる摂取が推奨されているのですが、1日4g以上のアセチル-L-カルニチンを摂取すると吐き気や下痢を引き起こすため、用法や用量をきちんと守ることが大切です。
神経細胞の修復効果は脳だけではなく様々な部分で起こるとされていますので、興味のある方は一度アセチル-L-カルニチンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

記憶障害などを感じたら始めたいマグネシウム配合の認知対策サプリ

マグネシウムは体に必要不可欠な成分として知られています。
そしてそのマグネシウムが不足すると記憶障害など様々な作用をもたらすことも最近の研究で明らかになっているのです。

・マグネシウムの働き

マグネシウムはミネラルの一つで300以上ある酵素の働きをサポートしてくれます。
さらにカルシウムとかかわって骨を健康にする働きもあり、地球上では6番目に多く存在しています。
体の中には25gほど存在していますが体中のいたるところに存在し、脳にも大きくかかわっています。
マグネシウムが不足すると高血圧や不整脈、動脈硬化などを引き起こす可能性が高まり、さらに神経過敏症や抑うつ、記憶障害に注意力欠如と言った認知症に似た症状を引き起こします。
普段の食事で不足するということはほとんどありませんが、ストレスや運動睡眠不足が続くと欠乏しやすい栄養素の一つです。

・精神安定剤としての役割

マグネシウムには心疾患予防効果や骨を丈夫にする効果がありますが、ほかにも生活習慣病の予防改善効果と精神安定効果があるとされています。
特に生活習慣病は大きな効果が期待されており、コレステロール値の安定から脳血管型の認知症を予防すると言われているのです。
さらに神経の興奮作用を押させることで神経伝達が正常になるとも言われています。
神経伝達がスムーズにいかないと認知症患者によく見られる不安などの症状が見られますがマグネシウムを摂取するとイライラを緩和し、精神状態が安定するとされているのです。
マグネシウムはナッツ類や魚介類などに多く含まれていますし、魚介類なら海のマグネシウムも摂取できるため不足することはほとんどないです。
ですが、生活習慣の乱れや食事の栄養バランスの乱れなどから不足することも考えられます。
すると神経の不安定や血管障害なども起こるリスクが高まり、認知症につながってしまいます。
ですのでマグネシウムの不足を懸念される方はサプリなどでマグネシウムを補給するといいでしょう。

記事一覧

▲ページトップに戻る